日本の物流を支え、私達の生活にも欠かせない道路。その道路には道路附属物が欠かせません。しかし、その名前を聞いたことが無いという人も少なくないようです。実は、これがあることによって私達の生活に安心と安全をもたらしてくれていると言っても過言ではありません。

では、道路に附属する物とは何を意味し、何を示しているのでしょうか。

■道路附属物とは
道路法において、道路の安全と円滑な交通の為に、道路を管理していく上で必要な施設や工作物などです。
道路で見かける防護柵や駒止、並木や街灯、道路標識やバス停などが該当します。また、道路メンテナンスの為に用意された機材や材料の常置場、道路上や道路に接している道路管理者が設けた自動車や自転車の駐車場なども該当するのだそうです。

ただ、道路管理者が管理する施設や工作物を対象とする為、道路管理者以外の人が設置した占用物件、また、公安委員会が設置した道路標識などはこれらに該当しないとのこと。

つまり、「どの団体が何の目的により設置した施設や工作物なのか」で変わってくると言えそうです。

■道路管理者とは
道路法により規定された「道路を管理する主体」を指し、国土交通大臣や都道府県知事、政令指定都市の市長やその他市町村の長または市町村役場が管理者となります。

道路は高速自動車国道や一般国道、都道府県道や市民村道の公道、そして私道に分類されますが、各公道には道路管理者が設置され、道路の新設や改修、そして道路附属物などの管理を行っているということです。

■道路附属物の管理
道路附属物は、道路管理者によって定期的に点検も行われています。各都道府県、市町村によって異なりますが、1000個以上の道路附属物が点在し、場所の把握や維持など、その管理にかかる費用は膨大なのだそうです。

台風などで損傷する場合もありますし、経年劣化で腐食が激しい場合は補修や交換が必要です。安全性を確保しつつ効率の良いメンテナンス方法が望まれています。

2019年にはドライブレコーダーで道路標識などの道路附属物を撮影したデータを、点検や維持管理に貢献出来るシステムが開発され、注目を集めているようです。

■これからの安心の為に
道路における附属物とは、道路管理者が管理する「道路の安全と円滑な交通の為に必要な施設や工作物」です。何気ない毎日を送りながら目にしている機会は多くあります。

これらのおかげで安全と円滑に進む道路はありますが、一人ひとりのドライバーや歩行者が「思いやり」を持って道路を利用することも、大切と言えるのではないでしょうか。

<管理人推奨サイト>➜➜道路附属物点検 POLE SCANNER 「ぐる探」 | 神鋼検査サービス株式会社